JIN AKANISHI LIVE 2017 ♡

 

真っ白なサイリウムの海がすごくキレイで。赤西くんが動くたびにそのサイリウムがたくさん揺れて、嬉しそうな歓声が赤西くんを包んだ。その光景が嬉しくて、あったかくて、魔法みたいで、本当に宝石箱みたいだった。

なにを歌ってくれるんだろうなあってワクワクしたり、勝手に予想したりしながら当日を迎えたけど、まさか一曲目にEternalを歌ってくれるなんて思わなかったなあ。ああ、すごい瞬間に立ち合ってるんだって思った。

 

résumé。僕の履歴書。

 

「なんとなく、時系列で懐かしい曲とかも歌うんで知ってる方は一緒に歌って下さい」って少し照れくさそうにはにかみながら歌ってくれたたくさんの曲には、一曲一曲にいろんな思い出がたくさんたくさん詰まっていて。 これからどうなっていくんだろうなあって不安だったあの頃も、遠くへいっちゃうような気がして (もともと近くないということは承知の上です。笑) なんとなく寂しく思ってたあの頃も、またいつか聞ける日がくるといいなって思ってたあの頃の曲も、全部振り返ってくれた。

 

こんな履歴書は世界に1枚しかないし、この履歴書を作れるのは、作ってきたのは、代々木第一体育館っていう大きなステージに立ってる今、目の前にいる赤西仁って人だけなんだって思ったらたまらなく誇らしかった。

 

ステージとの距離が近ければ近いほど楽しさが増すことは事実だけど、ステージとの距離が遠くてもこんなに楽しいと思える赤西くんのライブは本当にすごい。空間の使い方、レーザーの打ち方、照明の使い方。赤西くんだけを照らすスポットライト一本だけで歌い上げたり、たくさんの紙吹雪が散るなか花道を歩いたり、迫り上がるセンステと上から照らす照明がひとつの空間をまた造る。かと思ったら今度は赤西くんが乗ってるステージが傾いて新しい世界観を作り出す。ジャニーズ育ちだということを感じさせるトロッコでも移動も、幕が開くと、そこにはなかったはずのバンドの舞台が出来ていたり、スモークに包まれながら歌う姿は本当に美しくて。

 赤西くんのライブに行くたびに毎回思ってるけど、本当に天才の仕業かと思った。天才って言葉の安売りに聞こえちゃうかもしれないけど、前回これ以上ないと思っていた天才を毎回軽々超えてくる。 本当にエンターテイメントの神様に愛されてる人だなあと思った。

 

f:id:omtfm:20170513053838j:image

 

MCに入ると、汗だくになって息を切らしながら「しんどい…(笑)」って言ってたけど、思い返せば去年のMCでも「つかれた…こんなにしんどいと思わなかった…(笑)」なんて言いながら、ガンガンに歌って踊るセトリを考えてくれてたなあ。あれだけ踊ってるのに歌声がブレてるところなんて見たことないし (歌詞を間違えてるのを見たことは何回もあるけれど。笑) 、今回だってそうだった。赤西くんがあまりにも自然にこなしてくれるから、いつの間にかそれが当たり前の光景になってたけど、当たり前に歌が上手いことがこんなにすごいことなんだと改めて気付かされました。本当にすごい。

 

f:id:omtfm:20170514155354j:image

1から匂いのベースになる香りを選んで、今回のグッズのなかでも一番時間をかけて作って完成させた自信作の香水が意外にも不評だと知って、眉毛を下げながらしょんぼりする赤西くん。2日目にはもう開き直って、香水ぶちまけてやる!(笑)っていたずらっ子みたいに無邪気に会場に香水撒いて歩く赤西くん。今まであんなにかっこよく歌ってた人とは思えないほど、ひらがな喋りでぽやぽや喋るんだから、びっくりする。これは本気で赤西仁七不思議のひとつとして認定してほしい。(笑)

初めて赤西くんのライブに来た人はイメージとの違いに驚くこともたくさんあると思うんですが、実は、結構ファンの子とも直接コミュニケーション取りながらMCしてます。「みんなはどんな匂いが好きなの?」「あの香水ダメ?くさい?」って質問したり。ちなみに香水の質問には容赦なく「くさい!」「頭痛くなる!」「杏仁豆腐の匂い!」って返答が返ってきて、あからさまにしょんぼりする赤西くんが不憫で可愛かった(><)♡ 「でも、こうやってダメって言ってくれる人がいいって言ってくれる時は本当にいいんだ!」って全面的に我々ファンのみんなのこと信頼してくれてるの本当に嬉しすぎてな〜〜本当にあったかい世界なんだよ〜〜〜(><)♡

生き生きしてて、キラキラしてて楽しそうで。赤西くん、本当に柔らかく優しく笑うようになったなあって。眩しかった。それが嬉しくて嬉しくてたまらなかった。

過去をなかったことにしない人。過去もひっくるめて、みんなを導いてくれる人。過去を知らなかった人たちにも、道を照らしてくれる人。やりたいことを貫くこと。そのための努力を惜しまないこと。その努力は見せないこと。夢に向かって歩く力は誰にも負けないっていう赤西くんの生き方が本当にかっこよくて。大好きです。

f:id:omtfm:20170514121159j:image

あんな優しいイントロからcare歌うの本当にズルくて、あんなの泣かないわけがなくて、(褒めてる) ぶわあああああって涙腺が崩壊した。この曲に背中押してもらって、励ましてもらって、人一倍思い入れが強い曲だったからこそ、今このタイミングで聞けると思ってなくて;;; 人生で聞いてきた曲の再生回数の多いランキングがあったら群を抜いて断トツでぶっちぎり1位ソング。赤西くんったら本当罪な男だぜ………;;;♡

今年は忙しくてツアーが出来ないかもしれないけど、アルバムとシングルは出したい!それを引っさげて年明けか2月くらいからツアーが出来たらいいなって考えてますって未来の予定を教えてくれる赤西くんの優しさがまた身に染みたし、独立して4年目、まさかこんな素敵な景色が見られると思ってなかったから最高のプレゼントをもらいました。あっという間のようだったけれど、同時にやっとここまできたんだなあ…><って気持ち。

照明で照らされてキラキラ光っているたくさんの紙吹雪が舞ってるなか、花道を踊りながら戻っていく赤西くんの背中があまりにもかっこよくて涙が出たし、ストロボライトのなかで踊りながら暗闇の中に消えるようにパッと終わったエンディングが悔しいくらいに美しすぎて涙が出ました。本当に終始泣いてばっかりかよって話なんですけど、本当にめちゃくちゃ泣きました。(笑)

成功するかどうかも分からずに飛び出して、4年後には代々木で出来たらなって考えてたこと、みなさんのおかげですべて計画通りにここまで進んでこれましたってことを伝えてくれて。「嘘っぽく聞こえるかもしれないけど、本当に心から感謝しております。ありがとうございます。これからも、みんなで人生楽しんでいきましょう」「ファンの方にとっても、意味のあるコンサートだったかなと思います。本当にありがとうございました。独立してから、一番大きなところで皆さんに会えたことを嬉しく思います。」赤西くんはいつもたくさんありがとうって伝えてくれるけど、ありがとうはこちらのセリフだよって思いました。ステージに立つことを辞めないでくれてありがとう。今日まで負けないでいてくれてありがとう。自然と涙が溢れるくらいにあったくて優しい、この景色をわたしたちに見せてくれてありがとう。

 

思い出全部積んだらいくよ。

 

ここから、また新たな旅がまた始まるんだなと思った。赤西くんが "やりたいこと" なら間違いないし、きっとそれがわたしたちの "見たいこと" だと確信できるから。だから、これからもやりたいことに向かって、赤西くんの描く未来に、迷わずに進んでいってね。赤西くんを好きになれたことを改めて誇りに思った日。この日、また新しく赤西くんの履歴書に刻まれたrésuméという最高の景色を見せてくれた君に。心からの大好きとありがとうを。

 

f:id:omtfm:20170514154051j:image

 

 

 

 

最高に楽しい夏が始まりました

 
Jin Akanishi Live Tour 2016 Audio Fashion開幕〜♡♡♡
 
行ってきました!やっと迎えたツアー初日。今まで見たことのない赤西仁とか、今までにないことに挑戦してるとか、今年のツアーに関してそんな言葉を聞いてたから、どんなことが起きるんだろうなぁって想像もつかなくて。この日を迎えるまで毎日ほんとに待ち遠しくて、ソワソワして、ワクワクとドキドキでいっぱいだった。
 
会場について、レッドカーペットとGo goodとAudio Fashionのパネルと赤西くんと一緒に写真が撮れる撮影用ブースがあって。テンション上がる上がる上がる。・゚・(ノ///`)・゚・。。・゚・(ノ///`)・゚・。♡  
 
f:id:omtfm:20160716191257j:image
 
あああ………かっかっかっかっこいいいいいいいいい……ってなったし、 なによりも、こうゆうブースを作ってくれた赤西くんの遊び心が嬉しかったなぁ。あと、グッズのスカジャン着てるショットを選んでくれたのも、さすがだなぁと。この写真だとグッズのスカジャン買えた人たちはお揃いで写真撮れるもんねぇ><♡ 
 
グッズ買ってタトゥーシールも貼って、(去年のグッズも可愛かったけど、今年のグッズのデザインが一番好きです♡) テンションMAXになりながらいよいよ着席!
 
 
※ 以下ネタバレ含みます>< 
 
 
ネタバレと言っても、わたしの語彙力ではとても表現しきれないくらいの世界がそこには存在してて。ちょっともうなんていうか………ほんとに………控えめに言って天才だった。ファンじゃない人からしたら、わたしはどうしても贔屓目で見てる部分があるのかもしれないけど、それでも天才という言葉以外に表現できる言葉が見つからないくらいに才能を爆発させてた…………!
 
まずOP映像なんだけど、スクリーンに胎児のボーズした姿が映し出されるの。そしてこれがまさかの赤西くんなんですよ……そこから映像が展開されていってしばらく続いていくんだけど、なんていうか、ほんとに短編映画を見てるようだった。鍛え上げられた肉体美と美しさとあまりの衝撃に圧倒されてびっくりして、正直記憶も曖昧だけど、(笑)ひたすらにかっこよくて美しかったこと。それと、足首から足にかけてのアップ(メイサのタトゥーが見えるように) がスクリーンに思いっきり写ってびっくりしたなぁ。写った瞬間の会場全体のの息を呑むような……!!!って感じが伝わってきた感じ。
 
映像のなかで赤西くんと、別の赤西くんがすれ違ってたのも印象的だった。(語彙力) 赤西くんが歩いて行った先に大きな壁みたいなのがあって、その壁を越えると、赤西くんが服を身に纏うようになって。キャー!!!ってなったところで赤西くんが出てくるんだよ〜><!!!!!!ズルい……//// だって、演出が……かっこよすぎる………
 
最初の曲はWe The Fireかなぁって勝手に予想してたんですけど、これまたいい意味で期待を裏切られたーーーーーー(;∇;)(;∇;)♡♡♡ Only Human…!うぅ…かっこいい……(かっこいいってワードばっかり言ってるけど、冗談抜きで終始本当にかっこよかった………)
 
あと、被ってたハット一旦取って、髪の毛をかき上げる仕草が死ぬほどセクシーで色気ダダ漏れで、男!!!!!って感じで死ぬかと思ったくらい沸いた。
 
このスケルトンギター持って出てきたときは、会場全体がキャアァアア?!?ってなったんだけど、持ってるのがスケルトンギターだって正直最初はあんまりよく見えなくて。まさかのあの思い出のスケルトンギターだったという…………。゚(゚´ω`゚)゚。♡ 泣く。゚(゚´ω`゚)゚。♡ 適度なスモークと風に煽られて髪の毛がふわってなりながら、力強く歌う姿がたまらなかったです……………
 
f:id:omtfm:20160717102918j:image
 
Dayumも歌ってくれたんだけど、ほんとこの曲調は何回聞いてもいつ聞いてもテンション上がるな〜〜〜〜!!!!!!すき!!!!!!去年とかもいろんなところで歌う機会多かった曲だし、赤西くん自身もお気に入りの曲なのかなぁって話してた><♡ 
 
あと、前半で印象的だったのがやっぱりピノキオだなぁ。赤西くんがハケて、一旦出てくるまでのあいだモニターに映像が流れるんだけど、そこに赤西くんが出てくるわけでもなくて。真っ黒な色の絵の具の海みたいな中に色のついた絵の具がポタポタ落ちていくの。もちろん、落ちていく先は黒色の絵の具の中だから、色のついた絵の具(たしか赤色だった気がする) は色をなくして黒色になっちゃうんだけど、メッセージ性を感じて。なんとなく、直感で、次の曲もしかしてピノキオでは…?って思ったらやっぱりピノキオだったーーーーー><!
 
このとき赤西くんが着てた衣装は真っ白な服を着てて。映像のなかに等身大の赤西くんの姿が何人か映し出されていくんだけど、バラバラに消えたり増えたりを繰り返して。一番グッときたのは左端のあたりで膝を抱えて座ってる赤西くんの映像というか、映し出される幻像の自分に向かって、本物の赤西くんが歌いかけるの。
 
「俺は生身の男の子だよ。これはおとぎ話なんかじゃないんだ。魔法みたいな嘘があちこち飛び回っているけど俺は真実を歌うよ」
 
って、真っ白な衣装を着ながら、幻像の赤西くんに歌いかける姿を、幻像の赤西くんの姿をフラフラと追いかけるかのように歌う姿を、和訳を思い出しながら見てて、ほんとに泣きそうになった。なんていうのかなぁ、赤西くんの抱えてきた孤独も、寂しさも闇も、ギュッと詰まってたっていうか。胸がぎゅーって締め付けられた。
 
ピノキオで泣きそうになってたら、そのあとはまさかのまさかでFifth Seasonで!!!!いやー、ほんとびっくりした!!!もうこれからのツアーで聴けるなんて思ってなかった曲だから嬉しかったなぁ。・°°・(>_<)・°°・。
 
からの、♡♡♡ Summer Kinda Love→Summer Loving→Good Time →Hey What's up?♡♡♡
 
この爆アゲ夏メドレーがね!!!!!!もう最っっっ高だった!!!!!!こんなの楽しくないわけがない!!!!!!最高アンド最高!!!!!あと、曲と曲の繋ぎ目の音がね、すごくオシャレで。ただ次の曲に切り替わるんじゃなくて、こうゆう細部にまでこだわってやってくれてるんだなぁってすごく伝わってきた部分。
 
SKLが流れたとき、やっぱり会場全体もワァアアアアアアア!キタァアアアアアアア*・゜゚・*:.。。. .。.:*・゜゚・*♡ って感じだったんだけど、曲の途中で客席に向けて、(・゚∀゚)/ 🎤って歌わせようとする赤西くんが超可愛かった……………そこのパートをみんなで歌って揃えるのはなかなか難易度が高いよ……><?www ってなるようなパートで歌わせてくれる赤西くんがまた愛しさの極み。もっともっと!って煽ってたのもまた可愛かったーーーーーーーあぁ天使ーーーーーーー👼💓!!!!
 
 
そして、いよいよスーパー天使タイム(MC)に突入♡
 
(・゚ρ゚) みなさまはじめまして。あかにしじんです。
(・゚∨゚) みなさま、お元気ですか?  
 
\元気ー!!!!!!/ 
 
(・^∀^) お元気でよかった! ←天使
 
ああああああああああああああかわいいいいいいいいいかわいいかわいいかわいい(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)(泣)
 
(・゚ρ゚)ここからちょっと喋るのでね、席に…
 
(・゚д゚`) いやぁ、ちょっと、っ、つかれた…wwww こんなはずじゃなかったんだけどなぁリハまでは…ww
 
立て続けに歌って踊ってた赤西くん、少々バテ気味で始まったスーパー天使タイム。会場数分で天使炸裂。
 
(・゚ρ゚) 初日ということでね、ちょっと、いろいろアクシンデントもありまして……帽子落としちゃったりとか、足くじいたりとか……(ここ、ほんとにサラッと言ってたけど足くじいたって聞いて大丈夫?!?ってなった)
 
\腕はー?/
 
開演して腕にアザが出来てることに気付いてからずっと気になってて。腕のアザについて話してくれる赤西くん。
 
(・゚д゚`) あぁ、これね!気になるよね……これね、ぉれんちのキッチンさー、こうなってんの!(身振り手振り付きで説明してくれる)
 
(・゚^ ゚`) …これじゃ分かんないか…んーとね、こっちにキッチンがあって、こっちがリビング!で、ここにテーブルがあって。キッチンにいるときに物取ってって頼まれてね、「はい!」って渡したんだけど、ここの下に(伸ばした腕の真下)炊飯器があって、スチームみたいなのあるじゃん?あれが当たってるの気付かなくて……
 
(・゚ー゚*)つはい! って渡してから、ご、5秒くらいかな?経ってから、(・゚д゚`)ぁっち!!!!!!!!!ってなって。それで…でも、グロいからあんまり……ね?
 
スチーム当たってることに5秒経つまで気付かない赤西くんのおっとり具合もそうだけど、赤西家のお家の構造も知れて、なおかつ物取って渡してあげた相手絶対さっちゃん(メイサ)だよねぇ?!?!?!?!やばいやばいやばいちょう萌えるやばいいいいいいアアアアアアア><♡って悶える我々。グロいからあんまり見ないほうが…と気を遣ってくれる赤西くんの優しさも愛しいし、なんかもう………最高だった……かわいい………
 
ただ、わりと本当に結構大きめなアザになっちゃってたから跡が残らないかだけが心配だなあああああああ(っTωT)ノ(っTωT)ノはやく良くなりますように(っTωT)ノ(っTωT)ノ
 
(・゚ω゚) 今日はねー、喋りが苦手なんですけど…公開ラジオをしようかと思ってて。ってステージの上に用意されたラジオブースみたいなのにケイボと並んで座るんだけど、それがさぁ……また死ぬほど可愛かった………
 
ケイボは漢字読めないから、ラジオの原稿が全部ひらがなで書かれてて。その原稿をカメラに見せながら(・゚^ ゚`)これがすげぇ読みにくいんだよ〜って訴えてた(笑)
 
最初のほうのトークはツアーに関する話題を話してたんだけど、この日がツアー初日だったから、これからツアーに来る人もたくさんいるしツアーのネタバレになることは触れちゃダメだよという話をケイボにする赤西くん。
 
(・゚ρ゚) おまえ触れるって意味わかる?
(・゚ー゚*)ノタッチ ザ 内容!!ね!!←くそかわ👼💓
 
あと、なんの流れか忘れたけど、
 
(・^∀^) パンフみたぁ?!?おれ芸能人みたいじゃない?ってやつが可愛すぎて悶えた。ミラクルウルトラスーパーマン天使……………
 
f:id:omtfm:20160718150841j:image
 

開演前に質問用紙と質問ボックスが用意されてて、事前に一人一枚質問出来るシステムになってて。MC中にこれを赤西くんが引いて、ランダムに答えていく感じ。

 
Q. 今年はグッズでiPhoneケースは売らないんですか?
 
(・゚ρ゚)これねー、なんかさ、噂ではAppleが9月?に新しいiPhone出すって話あるじゃん?
(・゚∀゚)ほら…みんなお金持ちだからさ…(笑)新しいのが出たら買うのかなぁと思って。だから、それよりも前にケース出してもなぁと思って…
(・゚ー゚*)ちゃんとそこまで考えてるんですよ!(ドヤァ) 
 
Q.じんちゃんはみんなからなんて呼ばれたいですか?
 
(・゚ρ゚)じんちゃんは……みんなからなんて呼ばれたいですか?←これ質問用紙に書いてあることそのまま読み上げるからじんくんが自分でじんちゃんはって言ったのそれはもう最高すぎて……質問者様ありがとうございました……
 
(・゚Д゚)んー。この質問パス!
 
\えーー!!!!!!!!!!!!!/
 
(・゚д゚`)ちゃ、だってこれ面白くできないもん…
(kei∇bo) なんか面白いこと言ってヨ!
(・^∀^) ちOこ!!!
(・>∀<) ちOこ!!!!ちOこ!!!!!
 
じんちゃんの安定のちOこ言いたがり芸wwwwwwww 小学生みwwwwwwwwwwwwwwwww
 
Q.じんくんはショートもロングどっちのほうが好きですか?
 
(・゚ω゚) これはねー、顔によるんですょ!www
(・゚∀゚)/ 会場にいる城田くんはー?!?
 
スポットライトが当たって紹介されるしろたん
 
(城∇田) 人によるー!!!!
(しろたんマイクなしなのにめちゃくちゃ声通ってたw)
 
(・゚ー゚*) ………彼は優しいからこう言ったけど、ボクは顔によるんですよ!!!!www
 
あと、質問用紙が正方形の紙だったんだけど、半分に折ったりそのまま入れてる人もたくさんいたと思うんだけど、そのなかでも細長く丸めて?筒状っぽい感じにしてる人もいたみたいで、その紙を引きながら(・>∀<)なにこれ!すげぇ!ほっそ!ってキャッキャする赤西くん。
 
あと、最近の赤西くんはイメージアップを頑張るって言ってて、(・゚ー゚*)おれの印象がよくなる質問ないの?(笑)とか、(・゚д゚`)おれ、いい意味でも悪い意味でもニュースになること多いからさ、みんなは分かってくれてても、見出しとか文面とかみたら(本当はそうじゃないのに)勘違いされることもあるじゃん?みたいなことを、赤西くんは明るく面白おかしく言ってたけど、本当は今までいっぱいいっぱい傷ついてきたんだろうなぁ、って思ったらまた胸が締め付けられた;;;だからこそ、赤西くんが創り出す世界はどこか闇が深くて孤独感を想像させるような演出にも深みが出てるのかもしれないなぁ。
 
あと、個人的には、赤西くんがこうやってイメージアップに向けて前向きな姿勢になったのって家庭が出来たからなんじゃないかなぁっていうのも思ってて;;; ほんとに、赤西くんを取り巻く世界がどうか優しい世界でありますようにと今日も願うよ。・°°・(>_<)・°°・。
 
 
ラジオ終わりの曲はBabyで締め♡ 大好きな曲♡からの、そのあとまさかのBody Talkでかかった瞬間、え!!!え!?!?!?やばいいいいいいいいってなりましたありがとうございました最高でした…………
 
DJタイムは、暗めの照明のなかでノリノリで煽ってくれるところがかっこよかったんだけど、途中でケイボとニコニコなにか話して笑ってたところがまたかっこよくて!選曲もほんとに激アツだった!体が自然にノっちゃう!
 
それから、後半のダンスチューンメドレーが死ぬほどかっよくて、がっつり踊ってて、しかも確実にダンスのレベルが格段に上がってて、かっこよすぎて涙出るかと思った…………しかもまさかのまさか続きで、今年になってTell Me Where歌ってくれるなんて想像してなかった〜〜〜〜(っTωT)ノ♡ 大好きな曲歌ってくれてありがとう〜〜〜〜!あああああ嬉しい……(っTωT)ノ♡
 
ラストはEpisode♡ 歌声も、照明もなにもかも綺麗だったし、きれいで、愛に溢れた本当に優しい歌声だった。CDと生で聞くのはやっぱり全然違ったなぁ…><♡
 
鳴り止まない拍手と手拍子のなか、そのあとダンサー紹介があって。そして、すごく満足気な顔で今日はありがとうございましたと頭を下げた赤西くんの姿。こうして、初日の公演があっという間に終わりました。
 
 
最初から最後まで、本当に洗練された時間だった。演出も照明もあまりにも圧倒的すぎて、キレイで目が離せなくて、双眼鏡を使うのがもったいないって感覚は生まれて初めてだったなぁ。初日は、ドキドキと驚きばかりだったから、次の公演は初日で記憶が曖昧になっちゃってたところもしっかり目に焼き付けてきたいと思う><♡
 
 
f:id:omtfm:20160718165448j:image
 
 
大好きだ!!!!!!!!!
君が大好きだ!!!!!!!!!!!!!!
 
Thank you 0709 ♡
 

僕たちは笑うために生まれてきた


赤西くんを好きになったあの日から、今日まで、もう10年以上の時間が経っていて。当たり前なんだけど、過ぎた時間の分だけ環境も状況も変わった。赤西くんを初めて知った小学生だったあの頃のわたしは社会人になったし、赤西くんはアイドルじゃなくなった。結婚もしたし、パパにもなった。もちろん、まさかこんな未来が待っているとは当時のわたしは全く想像もしてなかった。

本当に本当にいろんなことがあったなぁ。たのしいことも、うれしいことも、数え切れないくらいたくさんたくさんあったけれど、そうじゃないこともたくさんあった。


「僕に対する世間のイメージは赤西仁=挫折まみれの人生じゃないですかね。でも、挫折なんてたいしたことない。だって、折れてないから、僕自身が。 」


赤西くんは本当に正直な人だ。自分を全然飾ろうとしない。こちら側が、本当はそうじゃないのに、と悔しくて声を上げたくなるようなことも、赤西くんはいつも何も言わない。わかってくれる人だけがわかってくれればいい、なんて、そんなの自分を守るための言い訳だと思われても、否定しないことを肯定と受け取られても、それでも、いつだって多くは語らなくて。いい意味でも、悪い意味でも、嘘がつけないし、不器用すぎるほどに不器用で。でも、とってもやさしい愛に溢れた人。

違う道を進むことが発表されたあの日、なによりも大好きなのに、今までそこに当たり前にあった現実がなくなってしまうことが何よりも悲しくて、受け入れられなくて、受け入れたくなかった。信じたくなかったけど、心のどこかでもしかしたら、って思ってたことが現実になって。だからこそ尚更、苦しくて、たくさんたくさん泣いたなぁ。

あのとき、辞めないでって思った。過去のことになってしまう未来が怖かった。あの頃のわたしは、これからの未来にはあの6人が並ぶことはもうなくなってしまうんだって現実から逃げるように過去に縋ってばかりいて、大好きな人の選んだ道を、大好きな人の選んだ未来を、すぐにまっすぐに信じ抜ける強さがなくてごめんね。

先が見えなくて、会いたくても会えない状況がずっと続いたこともあった。雑誌でも、テレビでも、姿を見ることさえ叶わなかった時期も、不安で押しつぶされそうなときだってあった。寂しくて、心にぽっかり穴が開いたみたいで。そんなとき、ファンのみんなに会いたいという赤西くんの希望で急遽決まったという東京で開催された壮行会。赤西くんがソロ活動を始めてから、初めての日本での公の場になった一生忘れられない2010年秋。

迷わずに、真っ先に会いたいって気持ちしかなくて、すぐ申し込みをした。運良く当選することが出来て。

緊張して胸がいっぱいだったあの日、本当に久しぶりに会った赤西くんはちょっぴり照れ臭そうにしながら「みなさまお久ぶりです。」って言いながらステージの真ん中に立ってキラキラとスポットライトを浴びていて。歌って、踊って、喋って。あの日久しぶりに会った赤西くんは、わたしの大好きな赤西くんのままだった。

みんなでいってらっしゃいってアメリカツアーに向かう赤西くんを見送って、帰ってきてから開催されたソロコンサートでは、ファンのみんなに向けて「みなさん、ただいま。」ってはにかみながらそう話す赤西くんをみんなで迎えて。本当に本当に嬉しかったなぁ。コンサートの最終公演の日、終わってほしくなくて、寂しくて、終わりたくないよ〜ってみんなで会場の前で泣いたのも、僕シングル出します。って発表があって嬉しくて泣いたのも、今でもずっと色褪せない大切な思い出だよ。

新しいことに挑戦するところ。その目標に向かって、ひたむきに努力し続けるところ。あったかくて、優しくて、人間くさいところ。なにか受賞をしたときも、ランキングが上位になったときも、自分のお誕生日も、いつも自分のことはそっちのけで、ファンのみんなにありがとうとおめでとうを伝えてくれるところ。ちょっとポヤポヤしたおっとりした喋り方も。歌うとおっとりした喋り方が別人のようにかっこいいところも、優しくて、キレイで、力強い歌声も。赤西くんの描く歌詞も、言葉も。圧倒的なセンスも才能も。大好きな笑顔も。赤西くんの描いていく未来も。

道に迷いそうになったとき、行き止まりになりそうなとき、もしも進む道がなくても、どんなに遠回りになりそうになってでも、時間がかかってでも、未来に向かって歩く道を自分で切り開いていく赤西くんが、「回り道をしたぶんだけ拾うものが多い」って言う頼もしくてかっこいい赤西くんが、好きになったあの日よりも今日は、今日よりも明日は、もっともっと大好きです。

いろいろ思い返してみたけれど、赤西くんには、今日も笑っていてほしい、幸せであってほしい。やっぱりいつだってそう思う。

赤西くんの歌は、いつもやさしい。いつだってやさしくて、あったかくて、包み込むような愛がたくさん溢れてて。

だから、どうか、彼のつくる音楽が、もっともっといろんな人に聞いてもらえますように。とってもやさしい声で愛を歌う歌声が、どうか、一人でも多くたくさんの人の心に届きますように。

大好きだから、だからこそ、寂しくて、悲しくて、不安で。その寂しさと不安に向き合えずに逃げてしまったときもあったけれど、やっぱりわたしはこの人が大好きだなぁって、何度でもそう思わせてくれるのは、いつだって今を生きる赤西くんの姿で。今日もわたしは、どうしようもなく彼が好きです。

「ダメだと思ったらまだ半分」「泣いたぶんの笑顔が待ってる」「泣いても笑っても1日は1日」わたしの青春にはいつも赤西くんがいて、今日まで、 何度も何度も赤西くんの言葉に、歌に、支えられて、救われてきた。

もう戻らないあの光景も、当たり前だったことが当たり前じゃなくなってしまったこともあるけれど、あの日、あの時間、あの場所、あの笑顔も。思い返せば昨日のように思えるくらい、今日まであっという間の日々だったけれど、本当に宝物のような青春をくれてありがとう。いつの間にか、過去に縋ることはしなくなった。過去に縋るだけじゃない、それだけ素敵なものを数え切れないくらいたくさんたくさんもらったから。前を向いて、夢に向かって歩いていく強さを教えてもらったから。

でも、たまには青春の宝箱を開けて、あの頃を懐かしむことを許してね。

今日も歌っていてくれてありがとう。ステージに立っていてくれてありがとう。未来を信じることが出来なかったあの頃のわたしに、未来を信じたいと思える毎日を、未来が待ち遠しいと思える毎日をくれてありがとう。

赤西くんを好きになれたことも、赤西くんがくれた過去も今も未来も、全部、なによりも大切で、だいじなだいじな宝物だよ。

これからも、世界一かっこいい旦那さんで、世界一かっこいいパパで、そして、世界一かっこいい 「赤西仁」でいてね。

「僕のファンでいると、いろいろあると思うし、あったと思うし…」って赤西くん自身もそう言うように、今日まで本当にいろんなことがあったけれど、「安心して、僕のファンでいてください」そう言った赤西くんに、これからも、前に前に、歩いていくその大きくて広い背中にずーっとずーっとついていかせてください。

「たくさん笑って。僕たちは笑うために生まれてきたのだから。」

だから、どうか今日も笑っていてね。あなたを照らす光が、あなたを取り巻く世界が、どうか暖かくてやさしいものでありますように。


f:id:omtfm:20170516012650j:image


「 ♡♡♡ もしも出会ってなければ、笑い方すらも分かっていないってきみを想うたびそう思うよ ♡♡♡」


Music is emotion.


音楽ってなに?
……アップデートしますか?
「 もちろん。 」


テクノロジーは日々成長と進化を遂げていて、それがプラスになることもなれば、マイナスにもなる。便利になった反面、そんな時代がこれから先もっともっと進んでいくと、コンピューターでなんでも手に入るようになって、CDというものが売れなくなってしまうのではないか、音楽というものがなくなってしまうのではないか。

その、なくなってしまった " 音楽 " というものを疑似体験する。そんなコンセプトのなかで行われた、今回のJIN AKANISHI LIVE TOUR 2015 〜Me〜 に行ってきました。自分の目で見た会場での記憶が薄れてしまう前に、どうしても文字にして残しておきたいって思った。そう思えるくらいに素晴らしい時間がそこには存在していました。

オープニング、スクリーンに映し出される寝起きらしき赤西くんの目元。これが本当にめちゃくちゃ超近未来っぽい。アンドロイド的な。そんな " 音楽 " を知らない赤西くんが " 音楽 " というものを知るためにアップデートされて。そして、赤西くんの才能とセンス、見る人を惹きつける彼の作り出す世界のなかに包み込まれていく。

「赤西ってあの態度悪いやつでしょ?」「あー、あのKAT-TUNだった人だよね?」「 赤西って今も活動してるの?(笑) 」世間からはこんな声をよく聞くし、悲しいけれど、赤西くん自身もそれを自覚してるのは確かで。でも、だからこそ、そんなイメージを持っている人には尚更、どうしても彼の作り出す世界観を見て欲しいと願わずにはいられなかった。

最初のほうは上半身だけでパフォーマンスしていたり、拘束されていたり、マスクをしてたり、制限をされた状態で歌って踊ってパフォーマンスしていた赤西くんが、どんどん" 音楽 "というものを知っていく。最初は歌詞が英語の曲が続いていたけど、しばらくして言語設定としてスクリーンに「Japanese」と表示されて。

今度は優しく日本語の曲を歌い上げる。赤西くんが作り出すセットリストには一曲一曲すべてに意味があるようで、前に言っていた「ひとつの映画を見るような感覚で」っていうのがまさにしっくりくる感じだなぁと。

無造作にセットされた髪型を、歌いながらフワッとかき上げて、ぎゅっと目を瞑ってから天井を見上げていた赤西くんが、ほんとにほんとにほんとに鳥肌が立つくらいかっこよかった。忘れられないなぁ。・°°・(>_<)・°°・。

そしてMCタイムに突入〜♡ ついさっきまであんなにかっこいいパフォーマンスをしていた人と同じ人だとは思えないくらい、とにかく愛しさと可愛さで溢れてた。昔から「おれ喋るのが苦手なんだ」と、MCが苦手だった赤西くんだけど、ステージの上で、自分ひとりで一生懸命おしゃべりする姿は相変わらずどこか抜けていて、ぽやぽやしていて、伝えたいことを言葉にするのが下手くそで。昔から変わらない、わたしの大好きな赤西くん。

(・゚ρ゚) おれ、学生生活6年くらいしかしてないんですよ。小1はねー、引越しとかで学校行ってなくてね、(笑)小2から別の学校に行ってて。で、無事に小学校を卒業して!✨ 中学はグレてあんまり行ってなかったんだけど、運良く中2から仕事させて頂けることになって。悪い自分と仕事頑張りたい!っていう自分が格闘してました。高校に関しては3日しか行ってない(笑)

客席 \ぇええぇえええ?!?!?!/

(・゚д゚`) ぇっ、ぁれ?俺むかし雑誌とかで言ったことなかったっけ…?
(・>∀<)ぁっ、そっか!カットされちゃったのかぁー! 
↑ キャハキャハしててめっちゃ可愛い………(悶絶)

ご当地ラーメンの話とか、拡張現実のコンセプトのお話とか、おバカな一面炸裂させながらぽやぽやしながらお喋りしてたんだけど、幼女が「じーん♡!!!!」って何回も一生懸命呼んでたの。そしたら、赤西くんが

(・゚∀゚) はぁーい♡?なぁに?どうしたの?お名前は?って、ちょう激甘お砂糖特盛ボイスでその子の近くまで行ってお話する赤西くんがさぁああ;;;めちゃくちゃパパだった;;; もうパパ西でしかなかった;;;♡

そして、LMTTUの曲の紹介。(・゚∀゚) ジャンルはちょっと違うかもしれないけど、Eternal並みに良い曲ができたと思ってて、と言っていて、恋人だけが対象じゃなくて、家族とか友達とか、それぞれの愛する人に向けての曲。

そのままでもいいから つまずいてもすぐ 手をつかめるように両手はからっぽにしておくよ、いつでも l love you 本当の愛し方 わかったよって歌詞は感慨深すぎて聴くたびに泣きそうになる( ;  ; )会場の壁にはお花がたくさん映し出されててすっごく綺麗だった( ;  ; )

Luckyもセットに座りながら⁽⁽ᕦ(・゚∀゚)ᕤ⁾⁾ う〜らきらきらきっ♪♪♪って歌っててめちゃくちゃ可愛かった〜><♡

DJタイムはめちゃくちゃかっこよかったし、トロッコで登場してくれたり、客席歩いたり。いろんな角度で楽しませてくれた赤西くん。あと、レーザーと照明の使い方が本当に天才だった。本当に、あんなの体験したことないってくらい。会場全体を使って、目が離せなくて、瞬きするのがもったいないくらいの世界観を造り出せる彼のセンスの良さは本当に生まれ持った才能だなぁと。


「僕なんか、運だけですよ。運だけでここまできたよ。」と言っていた赤西くん。


でも、運だけじゃない。前に赤西くんが「回り道を嫌がる奴って、回り道をしたぶんだけ拾うものが多いって知らねぇんだよ。」って言ってた言葉を今でも覚えてる。たとえどんなに回り道をしても、作ることを、歌うことを、自分の貫きたいことを信じて、こうしてステージに立ち続けてくれる赤西くんは今日も最高にかっこいい。

今回はセトリを全く見ないで行ったので、ラストにアイナルホウエを歌ってくれたのもグッときた( ;  ; )♡

やっぱりわたしは赤西くんの作る歌が、歌声が、世界観が、赤西仁という人間が好きだ。" わかってくれる人だけがわかってくれればいい。" 昔からずっとそう言い続けてきた、不器用で誤解されやすい赤西くんだけど、「まっすぐに生きてよう 自分失くさないよう キミのステージでは キミがスター」

歌うことが大好きだっていう表情でそう歌い上げながら、今日もまっすぐに自分らしく生きる赤西くんは、いつだってわたしの道標だ。そしてもちろんこれからも。

f:id:omtfm:20150815235609j:image


「音楽は感情をつくり、感情が音楽をつくる」


                        Music is emotion    →    Me ♡